TOTOグループUNION連合会

組合員ログインマークのコンテンツはログインしないと閲覧できません。

会員ID:

パスワード:

加盟組合リンク

  • TOTO
  • TST
  • TMA
  • TWT
  • THL
  • TBC
  • TPT
  • TAT
  • TOF

加盟組合自己紹介

Index

TOTO UNION

TOTOサニテクノUNION

TOTOマテリア労働組合

TOTOウォシュレットテクノ労働組合

TOTOハイリビングUNION

TOTOバスクリエイト UNION

TOTOプラテクノUNION

TOTOアクアテクノUNION

TOTOファインセラミックスUNION

TOTO UNION



○本部所在地:福岡県北九州市
○組合員数 :6,544名(2018年7月1日現在)
○代表者  :中央執行委員長  加邉 直樹

<組合紹介>
☆組織
 1956年に小倉・茅ヶ崎・支社営業所で労働組合単一化を行い、その後、1963年に滋賀支部、
 1968年に中津支部、1969年に朽網支部、1971年に大分支部を設立し現在に至っています。

☆ビジョン
 大切な仲間と、大好きな会社に
 多くの時間を共にする従業員は「大切な仲間」であり、TOTOのために働き続けることは、
 従業員自身がTOTOを「大好きな会社」へ育て上げることに他ならないのではないかと考えており、
 目指すべきは「TOTOグループの発展と社員の幸せ」です。

☆取り組み 
 TOTOで働くすべての人が、「TOTOで働いていて良かった!」と思えるような会社生活を送れるよう、
 3つの活動の柱で取り組みを進めています。
 そのために、3つの活動の柱を<働きがい創造部><ライフサポート部><社会貢献部>が推進し、
 そしてそれぞれの活動の基盤をつくる<組織部>と、広報活動を行う<広報部>とが横断的に取り組みを
 進めています。

  

TOTOサニテクノUNION

○本部所在地:愛知県常滑市
○活動拠点 :TOTOサニテクノ愛知工場、滋賀工場、中津工場、小倉工場
○組合員数 :420名(2018年9月1日現在)
○代表者  :執行委員長  原田 英之 

<会社紹介>
 TOTOサニテクノはTOTOグループの一員として衛生陶器を製造する会社です。
 1957年に愛知県常滑市に藤井製陶株式会社が設立され、1964年に東洋陶器と資本提携し、
 1973年には愛知東陶株式会社と社名を変更し、TOTOグループ会社として衛生陶器の製造を
 してまいりました。
 愛知東陶は、2007年に「TOTOサニテクノ株式会社」と社名を変更し、
 2009年にはTOTOの滋賀衛陶製造部を、2010年にはTOTOの中津衛陶製造部を編入するとともに、
 TOTOサニテクノの本社を愛知から中津に移しました。
 さらに、2013年にはTOTO小倉衛陶製造部を編入し、衛生陶器の生産を担う企業となりました。

<組合紹介>
 TOTOサニテクノUNION(旧愛知東陶労働組合)は、57年目を迎える歴史ある労働組合です。
 伝統ある活動の継承と新たなニーズに対する取り組みを行い、組合員の「社会生活」の支えとなる
 労働組合を目指して活動しています。
 また、組合を通じて、組合員とのコミュニケーションを図り、労使間の「架け橋」となる活動を
 していきたいと考えております。

 

<地域紹介>
 TOTOサニテクノUNIONの活動拠点を少しだけ紹介します!
 ・TOTOサニテクノ愛知工場 UNION本部所在地の「常滑市」
  愛知県西部に位置し、日本六古窯の一つ「常滑焼」の町で、土管や焼酎ビンが両側の壁に埋め込まれた
 「やきもの散歩道」は観光名所になっています。
  また、中部地方の玄関口、中部国際空港「セントレア」は工場からも見ることが出来ます。
 ・TOTOサニテクノ中津工場「中津市」
  城下町中津のシンボルは「中津城」。2014年の大河ドラマ「軍司官兵衛」で一躍有名に。
  ご当地グルメと言えば、ご存じ「からあげ」。聖地として街には専門店が50店舗以上も!
 ・TOTOサニテクノ滋賀工場「湖南市」
  湖南市はお隣の甲賀市と合わせ、昔は近江国甲賀の地で忍術流派の「甲賀流」で知られています。
  そして、これまた日本六古窯の一つ「信楽焼」でも有名です。

  


TOTOマテリア労働組合

○本部所在地:岐阜県土岐市
○組合員数 :78名(2018年7月1日現在)
○代表者  :執行委員長  稲垣 宏繁

<会社紹介>
 TOTOマテリアは、1914年に「長谷川製陶所」として創立し、1921年に「日本タイル工業株式会社」として
 創業しました。1992年に東陶機器が資本参加し、2004年には社名を「東陶マテリア」へ変更致しました。
 創業以来タイルの生産を行い、1946年には昭和天皇の行幸を賜り、1970年には大阪万博のシンボルであった
 太陽の塔に当社のモザイクタイルが採用されました。
 TOTOの資本参加以降は光触媒商品「ハイドロテクト」を中心に、大型陶板や外装用タイルを生産し、
 TOTOグループ向けに鏡の生産も行なっております。

<組合紹介>
 TOTOマテリア労働組合は、前身である日本タイル工業労働組合の時代から数えて今期で67期目を迎えます。
 TOTOグループUNION連合会の中ではもっとも歴史の長い組合になります。
 構成人員は100名に及ばない、連合会の中では最小の組織ですが、小さな組織の利点を活かして「1人1人の
 顔が見える活動」を推進しています。
 職場の困りごと、悩みを真剣に捉え、会社側との折衝にあたり、安心職場の達成に取り組んでいます。
 会社側とは適度な緊張感を保ち、より質の高い生活、ワークライフバランスの実現を求めて折衝に当たっています。

  

<地域紹介 ~所在地:岐阜県土岐市~>
 土岐市は千有余年の歴史をもつ美濃焼の産地であり、陶磁器生産では日本一を誇る町であります。
 また織部・志野・瀬戸黒・黄瀬戸などの自由奔放な作陶による世界的に見てすばらしい茶陶、
 高級食器が生み出されています。
 そして隣接する多治見市には2016年にモザイクタイルミュージアムがオープンし、
 この地域で培われてきたタイルの情報や技術を発信しており訪れた方々がタイルの楽しさに触れられる
 話題のスポットとなっております。

  
 

TOTOウォシュレットテクノ労働組合

本部所在地:福岡県北九州市小倉北区
○生産拠点 :土岐工場(岐阜県)・茨城工場(茨城県)
○組合員数 :597名
○代表者  :執行委員長  成田 達也

<会社概要>
 TOTOウォシュレットテクノ(株)は、TOTOの主力商品であるウォシュレットの開発・生産を行っており、
 本社は北九州市小倉で開発・設計など、生産工場は岐阜県土岐市の「土岐工場」と茨城県桜川市の「茨城工場」で
 毎月11万台以上のウォシュレットを生産しており国内外へ供給をしております。

<組合紹介>
 当組合は、平成13年10月に東陶機器()、愛知電機()、小糸工業()の温水洗浄便座部門が分社化し、
 当時の()パンウォシュレットが誕生しました。
 有志により、新組合発足の声をあげ、1年間の新組合設立準備活動を進め、
 平成15年3月28日に「パンウォシュレット労働組合」が誕生し、社名変更に伴い、
 現在の「TOTOウォシュレットテクノ労働組合」となり、
「豊かな生活をしたい」「将来に不安のない生活をしたい」「生きがいのある生活をしたい」と3つの柱として
 活動を推進しております。

 活動内容は、本社にて経営協議会(年2回)・労使会議(年4回)と定期的に行い、
 各支部においては毎月、時間外協議会・安全衛生委員会に参画し職場の問題点等について意見交換を行い
 労働諸条件の改善に取り組んでいます。
 イベントは各支部毎に会社と合同イベントの「夏祭り」やボウリング大会を開催、
 また、ボランティア終了後にバーべQを行い地域の方、従業員のコミュニケーション向上を目的とした活動など
 実施しております。

 
         <16年次執行部>                   <土岐工場「夏祭り」>

<所在地域の周辺紹介>
 

今回は、茨城工場周辺のご紹介を致します。


 工場近くにある「磯部稲村神社」は、古来から「磯部の百色桜」として知られて東北産のシロヤマザクラが中心で、
 桜川匂・樺匂・梅鉢桜・白雲桜・薄毛桜・初見桜・初重桜・源氏桜・大和桜・青毛桜・青桜などがあり、
 国の天然記念物に指定されています。
 また、15Km圏内に陶器で有名な「益子焼き」「笠間焼き」がありますので、
 お近くにお越しの際、興味のある方はぜひお立ち寄り下さい。

 
                  <国指定天然記念物 桜川のサクラ>

TOTOハイリビングUNION


○茂原工場:千葉県茂原市本納3210-1
○甲賀工場:滋賀県甲賀市水口町さつきが丘33
○組合員数:387名
○代表者 :執行委員長  吉元 健悟

<会社概要>
 資本金 :  1億円(TOTO全額出資)
 売上高 :260億円(2017年度)
 従業員数:505名 (2018年10月時点)
 事業内容:システムキッチン、洗面化粧台の開発・製造
  

<組合紹介>
 TOTOハイリビングUNIONは、2003年5月に『TOTOハイリビング株式会社』の社員で結成された労働組合で、
 茂原工場、甲賀工場で活動しています。

 「スクラム ~働く仲間たちと一丸となって~」を活動ビジョンとし、会社生活における仲間を重要な家族と位置づけ
 一丸となって助け合い、共に成長し続ける。
 そんな家族的な関係が築ける労働組合を目指して活動しています。
 人生において大切なのは家族であり仲間。家族はもとより、会社生活における仲間を重要な家族と位置づけ、
 『喜び・悲しみ・楽しみ・苦しみ』を共有し、一丸となって助け合い共に成長し続ける。
 そんな家族的な関係が築ける組合を目指していきます。

TOTOバスクリエイト UNION




○本部所在地:千葉県佐倉市
○組合員数 :471名(2018年6月1日現在)
○代表者  :執行委員長  大滝 友行

<会社概要>
 TOTOバスクリエイト株式会社は、TOTO株式会社の浴室事業の製造部門を担当するグループ企業として、
 1986年に設立されました。
 千葉県佐倉市に本社と工場、兵庫県赤穂市にも工場を構え、”浴室空間をもっと快適に、もっと美しく”、
 ”本当の快適と安心を追求”し、商品を製造しております。

<組合紹介>
~組織~
 TOTOバスクリエイト UNIONは、浴室事業を手がける会社の労働組合として、
 語呂よく、2007年11月26日(いいフロの日)に設立しました。

~取り組み~
 私たちTOTOバスクリエイトの労使は、”緊張感のある労使関係”を大切なキーワードとし、
 ”より豊かな生活の実現”、”生きがい・働きがいを実感し、納得できる環境の実現”、
 ”建設的な集団の一員として人格向上の実現”をめざし、5つの専門部(組織部、社会貢献部、
 働きがい創造部、ライフサポート部、広報部)に分担し、取り組みを行っております。

 
    会社の夏祭りにUNIONがフリマを出店           収益金全額を佐倉市社会福祉協議会に寄付

<地域紹介 ~本部所在地:千葉県佐倉市~>
 本部所在地である千葉県佐倉市は、千葉県北部の中央、都心から40キロメートル、
 成田空港や印旛沼にもほど近い位置にあります。
 江戸時代には、この地区の台地に旧佐倉藩の佐倉城があったことから、武家屋敷や寺院、
 変則交差点、クランク状の道など、城下町の面影が今も色濃く残っています。
 現在では、佐倉城跡地に国立歴史民族博物館が開設され、佐倉の歴史と文化を今に伝えているほか、
 印旛沼を北に望み、各種レジャー施設などが設置されています。
 また、長嶋茂雄さんや有森裕子さん、高橋尚子さんなどのスポーツ選手を輩出しており、
 街中には、それぞれの名にちなんだ場所があるなど、見所満載の地域です。

 
        佐倉市内に点在する武家屋敷                  武家屋敷内部
 

TOTOプラテクノUNION

○本社 豊前工場:福岡県豊前市大字八屋322-43
○苅田工場   :福岡県京都郡苅田町幸町7-11
○奈良工場   :奈良県大和郡山市椎木町299-3
○勝浦工場   :千葉県勝浦市松野字蓮ヶ台975-2
○組合員数   :674名
○代表者    :執行委員長  山内 和幸

<会社概要>
 資本金 :   1億円 
 売上高 :134億円(2017年度) 
 従業員数:728名 (2018年12月末時点) 
 事業内容:カウンター&プラスチック・ゴム部品の製造

  
      <カウンター設置写真>               <カウンター設置写真>

<組合紹介>
 TOTOプラテクノUNIONは、2013年4月に『TOTOプラテクノ株式会社』の社員で結成された労働組合で、
 全4拠点の組合員で活動を行っています。

 プラテクノUNIONでは、組合員の充実した会社生活&家庭生活の実現を目指し日々活動に取組んでおります。
 また、組合員全員での活動を目標に全員参加型のイベント等実施しております。
 今後も、今まで以上の労働組合であるよう走り続けます!!

 組合合言葉:『絆』

TOTOアクアテクノUNION



<会社概要>
 TOTOアクアテクノは、2013年4月に設立された水栓金具・電気温水器・手すり等の
 福祉機器・水回りアクセサリーの製造会社です。水栓金具のマザー工場として、国内・海外
 市場へ向けて高品位な商品の供給をおこなっています。
   

<組合紹介>
 会社設立とともにTOTOアクアテクノUNIONを結成。
 小倉工場・大分工場にそれぞれ支部を置き、本部・支部制にて活動を行っています。
 活動ビジョンとして「ずっと働きたいと思える会社の実現」を掲げ、その実現のために
「働きがい・生きがいを持てる制度の充実」「コミュニケーションが十分に図れる明るい職場作り」
「ワークライフバランス実現」を活動の柱に据えて取り組みをおこなっています。
  

<とりくみ>
 労働組合の基本精神である相互扶助の理念を大事にし、組合員のコミュニケーション強化や、
 労使一体となった安全衛生活動、歳末助け合い募金等の社会貢献活動や、
 労働金庫・全労済といった共済活動にも積極的に取り組んでいます。
    

TOTOファインセラミックスUNION



<会社概要>
 TOTOファインセラミックス株式会社は、2007年4月に設立された、半導体製造装置用セラミック精密部品、
 光通信用部品、その他各種セラミック精密部品の製造会社です。
 現在では、売上の8割を海外向け輸出製品が占めるにいたっています。
 これからも、より快適で豊かな未来創りに貢献すべく、ICT社会を支える製品を世界中に送り出していきます。
 

<組合紹介>
 TOTOファインセラミックスUNIONは、2013年9月に結成し、TOTOグループの中で一番新しい
 労働組合です。 
「言うべき事を言う」という本質のもと、「TOTOファインセラミックスで働けて良かったと皆が思える
 会社の実現」を目指し、「職場環境の整備、福利厚生の充実、労働諸条件の向上」、「ワークライフバラ
 ンスの充実」、「組織強化」の3本柱を軸として活動を行っています。

  

<活動内容>
 労使一丸となり、経営協議会、労使会議を経た春季交渉、歳末助け合い募金等の社会貢献活動をはじめ、
 組合員のコミュニケーション強化を図るため、各種イベント、健康づくり活動に積極的に取り組んでいます。